クオリティ・オブ・ライフ・アップデート | EVE Online

 
ニュースに戻る

クオリティ・オブ・ライフ・アップデート

2021-03-17 - 作者 CCP Aurora

クオリティ意識の高いカプセラの皆さんへ

EVE Onlineの3月のリリースでは、ニューエデンでのカプセラのクオリティ・オブ・ライフを向上させることを目的とした多くの変更が行われます!

3月23日より、クローンベイを持つステーションやストラクチャであれば、同じステーションやストラクチャに複数のジャンプクローンを設置できるようになります。これは、コミュニティでの要望が高かったものです!

また、バーストジャマーモジュールを装備するとワープ妨害フィールド無効化特性が失われるようになり、この種の用途に使用されていた要撃型フリゲートが今までほど厄介ではなくなります。

昨年の「ワームホールより愛をこめて」アップデートに続き、ワームホールの特定クラスのジャンプの上限が変更されます。クラス1からクラス6までのワームホールでジャンプ可能な質量が増加し、ワームホールの移動や制御がより柔軟に行えるようになりました。

ワームホールの質量上限変更について追記:

これはワームホールが扱える総質量が増えるのではなく、あくまで一度に通過できる質量の上限が増えるだけで、いわゆる「穴潰し」を少しでも容易にすることを目的としています。高クラスのワームホールはスーパーキャピタルが移動できないよう制限が課されますし、クラス4のワームホールもキャピタルが進入できるようになるほど上限が増えはしません。

ターゲット周波数ブレーカーモジュールは、短時間の間、艦船のシグネチャ半径を縮小し、リリース時に戦艦にロックされるように変更しました。

変更はシンギュラリティに導入済みです。ぜひ、体験してみてください!