ファンフェスへの道 – 近づいてきました! | EVE Online

ファンフェスへの道 – 近づいてきました!

2022-03-22 - 作者 EVE Online Team

こんにちは、カプセラの皆さん ファンフェス2022があっという間に近づいてきました。7週間後にレイキャビクで開催される最高のイベント「Party at the Top of the World」で、ついに皆さんをお迎えすることができるなんて信じられない思いです。再び皆さんと直接お会いして、EVE Onlineのエキサイティングな計画を共有することを、私たちがどんなに楽しみにしているかは言葉では言い表せないほどです。 引き続きファンフェスを盛り上げていくため、開催までの期間にまだまだ沢山のお楽しみをご用意しています。これまで「ファンフェスへの道」には多数のアップデートが行われ、圧縮に関する重要な変更をはじめ、NPEに追加された新たなミステリー採掘アドベンチャー、大規模なグラフィック向上のアップデート、ゲーム内の全てのレジスタンスモジュールの大幅な強化、CRABやプレイヤーが所有する税関(POCO)のバランス変更、そして戦艦への大規模なアップデートが登場しました。これらに関する詳細は先週公開された「ファンフェスへの道」ブログ にてご確認ください。 ファンフェス2022の開催までにはまだ少し時間がありますので、それまでの期間にさらに多くのアップデートが登場する予定です。ストラクチャの改善を始め、今回のブログで取り上げるいくつかのアップデートが本日テストサーバーのシンギュラリティに初登場します。

スタンドアップとデリバー

アップウェルストラクチャは、導入されるやニューエデンのハイセク宙域とワームホール宙域で大人気となり、EVEの産業コアと激しい戦略上の重要性をもたらしました。2016年に導入されて以来、数多くの変更が行われてきたこのストラクチャは、再び現在進行中の新たな取り組みの焦点となり、私たちは攻撃側と防衛側の双方にとってさらにエキサイティングなゲームプレイを生み出すことを目指しています。 この次期アップデートは現在シンギュラリティでテスト可能ですが、当ストラクチャ周囲での戦闘を対象にしています。これら最初の一連の変更により、4種類の重要モジュールがアップデートされます。 スタンドアップ地点防衛バッテリー に導入される変更によって、モジュールに積んだ弾薬の使用が必要になり、リロード時間もより長くなります。これによってスタンドアップ地点防衛バッテリーにダウンタイムが発生することから、リロードされ再び発射可能になる前に、小型艦は戦闘に参加してワープオフできる反撃のチャンスを得ることができます。

スタンドアップ誘導爆弾ランチャー の属性が、保有する爆弾数を減らし、全ての爆弾を使い果たした際にランチャーのリロード時間が延びるよう調整されました。これによって爆弾の使用がより戦術的になり、ストラクチャが武器庫に持つ主要な防衛武器ではなくなります。

カプセラが包囲攻撃の間、より積極的にキャピタル艦に対応できるよう、スタンドアップ対主力艦ミサイル のダメージが減少されました。これによって攻撃側は、攻撃しているストラクチャのコストよりも高いドレッドをドロップする際のリスクが低下します(少なくとも防衛側が自分の艦船をグリッドに置かない場合は)。

対キャピタル艦の使用が調整される一方で、スタンドアップミサイルのミサイル速度は増加し、準キャピタル艦に追い付いてダメージを与える可能性を維持できます。

スタンドアップアーク式ヴォートンプロジェクター に、準キャピタル艦へのターゲット能力を削除するアップデートが行われる予定です。つまり、単に敵の司令官のヘッドショットを狙う目的で使用することはできなくなり、対キャピタル艦の防衛としての役割がさらに強化されるでしょう。

アップウェルストラクチャに関していえば、これらのアップデートは氷山の一角に過ぎません。私たちは当ストラクチャの強化段階について、CSMとコミュニティ双方と長期間にわたって素晴らしい議論を重ねました。アップウェルストラクチャは、所有者の投資コストとそれらの破壊に要する労力とのバランスを取りながら、自らの価値を保つ必要があります。私たちはこの領域に全力で取り組んでおり、ファンフェスが近づく中で、皆さんと詳細を共有することを楽しみにしています!

ロークアルによるホットドロップ

先週ご覧になったかもしれませんが、新しくパワフルな操縦性と物流ツールを備えた、新しいロークアルモジュールのテストがシンギュラリティで実施されました。ヌルセクやローセクでの採掘作業が変わり、ロークアルのパイロットは付近にある30隻の採掘船をコンジットジャンプさせられるようになり、大規模な採掘作業の物流管理をより効率的に行えるようになります。比類のない強化と圧縮が組み合わされ、工業用サイノにジャンプできるロークアルは、強力なパニックモジュールと共に、ニューエデンで最もパワフルな採掘支援船としての地位を確立するでしょう。

ますます強力に

レジスタンスモジュールと戦艦に関する変更がニューエデン全体に波及していますが、あといくつかの小型アップデートがあります。強化隔壁のレジスタンスバフはT3巡洋艦に焦点を当てていますが、強力で人気のあるプロテウスのパフォーマンスが、同系列の他の艦船に比べて劣っているのは明らかです。この原因の一部は、低フィッティングルームと低速度にあります。貴重なロースロットや装備したリグの使用を必要としないフルラックの中性子ブラスターと共に、プロテウスに1600㎜のプレートを無理なく装備できるようフィッティングスペースを減らすことで、さらにポテンシャルが発揮されるでしょう。プレート質量の変更により、アーマープレートを装備することで速度と機動性がわずかに向上すると同時に、これらのブラスターを効果的に使える位置を取りやすくなります。 EVEの歴史の中で、ステルス爆撃艦の組織は戦艦への興味深い反撃によって常に功績を挙げ、巧みに組織化された爆撃に必要な非常に高い技術を誇示してきました。そこで、組織が予備の戦艦を形成している際に、爆弾ランチャーのクールダウン時間を減少させ、ステルス爆撃艦の力が向上するよう問題を修正しました。つまり素早く復活してより迅速に爆撃できるようになります。レベル5まで訓練されたボムディプロイメントスキルで、T2の爆撃艦は120秒毎の代わりに67秒毎に爆撃することができます。T1の爆弾ランチャーの再起動遅延時間が、144秒から80秒に短縮されます。メタを広げることで1つのプレイスタイルが有力になり過ぎることなく、プレイヤーがより多くの選択肢と多様性を確実に楽しめるよう、引き続き小規模な調整が行われる予定です。

テストドライブ – 機能プレビューシステム

EVE Onlineの20年目以降の土台を固め、世界最大の活気あるSF作品を改善し続けるための取り組みの一環として、機能プレビュー システムをご紹介します! このシステムにより、プレイヤーの皆さんは同意(オプトイン)を経て開発中の複雑な機能を有効化し、EVEのクライアント内で直接利用できるようになります。
皆さんがデザイン段階の機能にアクセスできるようにすることで、細かいフィードバックを得ながらプロトタイピング開発プロセスを進めることができます。これまでも皆さんから機能に対して貴重なフィードバックをいただいており、それにより各種機能をEVEにとってより良い追加要素に改善・変更することはできていましたが、この新たなテスト方法により、さらにオープンにフィードバックを受けながら開発を行えるようになります。つまり、プレイヤーの皆さんは以前よりも早い段階から重要なフィードバックを寄せることが可能になり、私たちのチームも、皆さんのEVEのプレイ状況に関する情報を集め、先ほどの改善過程において何が皆さんにとってのベストなのかを把握できるようになるのです。 最初にプレビュー対象となる機能はUI統合プロジェクトです。これは整合性を向上させ、新規プレイヤーにとってより良いオンボーディング体験を実現し、全プレイヤーの認知負荷を軽減することを目的としています。この変更では、ウィンドウスタイル、余白やスペースの調整、フィードバックに関するUIのカラースキームの統一(行動喚起のボタンはブルー、警告に関する操作はオレンジなど)を行います。プレビューシステム内で提供される機能は一時的なものなので、簡単にオン/オフすることができます。重要な点として、当機能が最終的な形ではないことにご留意ください。 当機能に関する詳細は開発者ブログにてご確認いただき、公式ディスカッションスレッドでフィードバックを共有してください。

ブループリントが変更間近!

以前に言及した勢力専用艦、攻城艦、キャピタル艦のブループリントの変更は、圧縮に関するアップデートが3月にマーケットに与えた影響を慎重に検討した後に具体化します。これらのアップデートの詳細については、ファンフェス開催直前の4月半ばにお知らせする予定です。 私たちは皆さんと計画を共有し、それらが実現した際に、これらのアップデートがニューエデンの戦場に及ぼす影響を見るのが今からとても楽しみです。より多くの艦船が破壊され、大惨事を引き起こすことは間違いないでしょう!

ファンフェスの未来

EVEファンフェス2022の開催が近づく中、チケット販売は好調を維持し、史上最高の盛り上がりを見せています!素晴らしい開発者とプレイヤーによるプレゼンテーションや、一生の思い出になること間違いなしの数々のイベントに参加し、仲間のカプセラと直接に会ってニューエデンに対する情熱を共有しましょう。パーティが近づくにつれ、さらに多くのエキサイティングなプランをファンフェスの域にとどまらずご用意しています。 今後数週間にわたり更なるお楽しみ情報を公開していきますので、EVE Onlineソーシャルチャンネルのフォローをどうぞお忘れなく。詳細はEVEファンフェス公式ウェブサイトにてご確認ください。 CCP社内の雰囲気は興奮に満ちており、社員一同皆さんに直接お会いできる5月が待ちきれません!でもそれまでは、当イベントに関する最新情報や「ファンフェスへの道」の更なるアップデートをお届けすることを楽しみにしています。

良き航海を!